プロバイオテクス

1. プロバイオティクスとは


最近、ヨーグルトや乳酸菌配合健康食品に「プロバイオティクス」の文字をよく目にするようになりました。これはすでに

述べてきたような・便秘の改善・下痢の防止・栄養分の消化吸収促進・乳糖不耐症状の改善・肝性脳症改善・免疫

防御システムの改善・アレルギー改善・動脈硬化の改善・ピロリ菌感染による胃炎の予防・コレステロール低減・過

敏性大腸症候群改善・ガン予防等の
「人間の健康維持に有益な働きをする微生物」と広義に定義されています。

この言葉は1989年に英国の微生物生態学者、フラ−(Fuller)博士によって確立されました。さらにその条件には   

@安全性が十分に保障されていること

A本来腸内に棲息している菌であること

B胃液・胆汁などの酸に強く、腸まで到達すること

C腸内に付着し、増殖できること

D明らかに人に対し有益であること

E十分な菌数が食品などの形態で摂取可能であること

F安価で容易に取り扱えること等が求められています

この「プロバイオティクス」の効果を維持するには絶えず有益な菌を摂取続ける必要があります。また、抗変異原性作

用、コレステロール低減作用等においては生菌である必要はありません。死んだ菌も生きた菌同様、またそれ以上の

効果を示すと報告されています。

2.プレプロバイオティクスとは

 「プロバイオティクス」の増殖を促進させる栄養源を「プレバイオティクス」と呼んでいます。

これは「腸内に生息する有用菌に選択的に働き,増殖を促進したり、その活性を高めることによっ

て宿主の健康に有利に作用する物質」と定義され,オリゴ糖、糖アルコールなどの難消化性物質や

プロピオン酸菌による乳清発酵物がこれに該当します。                    

 いわゆる「プロバイオティクス」および「プレプロバイオティクス」は腸内に棲息しているヒト

に有益な細菌
(善玉菌)を増殖し、大腸菌やブドウ球菌など腸内腐敗や発ガン関連物質を生み出すウェ

ルシュ菌
(悪玉菌)を抑制する働きをし、病気になりにくい体質にします。